ウォーターサーバーの活用法って?

ウォーターサーバーを導入する場合、どういったことに活用できるのか知っておいた方がいいです。
「飲み水以外に使い道ってあるの?」と思うかもしれませんが、みなさんが思いつかないだけで他にもたくさんあります。
実は色々なことに活用できるので、いざ導入すると生活が便利になるはずです。
まず、定番ですが飲み水として使用することができます。
水道水の水とは違って塩素のニオイがしませんし、体に害のある成分が含まれていないので安心していつでも美味しい水を飲めます。
さらにミネラル成分のバランスも良いので、ただ飲むだけでも健康にいいです。
ウォーターサーバーには温水機能も備わっているのでコーヒーやお茶を作るのに便利です。
普通ならわざわざお湯を沸かす必要がありますが、そんなことをしなくてもすぐに作ることが可能です。
そのため、急にお客さんが来た時でも対応できますし、ウォーターサーバーの水で作った方が味自体も美味しくなります。
また赤ちゃんの健康のことを考えて、ミルク作りに使っている人も多いです。
主婦の中には料理に使用している人もいます。
ウォーターサーバーの水を使ってお米を炊いたり、味噌汁や煮物などを作るといつもよりも美味しくなります。

 

 

 

 

ランニングコストはウォーターサーバーで異なる?

まだまだウォーターサーバーのことを知らない人が多いので、どれを使ってもコストは一緒だと思っている人が多いです。
しかし、ランニングコストはウォーターサーバーで異なるので注意してください。
ウォーターサーバーは毎日使うものなのであまりにもランニングコストが高いのであれば、生活を圧迫させてしまう恐れがあります。
そうならないためにもウォーターサーバー同士を比較して、少しでも安いものを使用してください。
そして、比較をする時に把握しておきたいのがランニングコストの相場です。
だいたいどのくらい毎月かかるのかを知っておくとウォーターサーバーを選ぶ時に役立ちます。
一般的に1人暮らしであれば、月々2000円?5000円程度で使用することができます。
もちろん、人数が多ければそれだけ水の使用量が増えるので金額はアップすると思ってください。
ただこれはあくまでも相場なのでこの金額よりも安いところもあれば、高いところもあります。
どちらにしろ一昔前よりは格段に利用しやすい料金設定になっているので一般のご家庭でも気軽に設置できるはずです。
このサイトでは格安のウォーターサーバーを紹介しているので導入を検討している方は参考にしてください。

 

 

ランニングコストの費用の内訳って?

ウォーターサーバーのランニングコストには一体どういった費用が含まれているのでしょうか?
このことを知らないと正確にランニングコストを比較することができません。
基本的にウォーターサーバーを導入すると毎月「水代」「レンタルサーバー代」「電気代」といったものがかかります。

それに加えて一番最初に初期費用や1年に1回メンテナンス費用といったものがかかると思ってください。
水には天然水とRO水の2種類があり、基本的にRO水の方が1本当たりの価格が安いです。
RO水とは水道水などの水をろ過したもののことです。
天然水よりも美味しさは劣りますが、安全性に優れているという特徴があります。
水代は安いものだと1本当たり900円台、高いものだと2000円程度します。
レンタルサーバー代は基本的に500円?1000円くらいが相場だと思ってください。
業者によっては無料でレンタルしていることもあり、その場合は水代が高めになっているケースが多いです。
そして、忘れがちなのが電気代です。
ウォーターサーバーを導入すると電気代がこれまでよりもアップします。
月々1200円前後かかりますが、省エネのウォーターサーバーだと700円前後で使用できる場合があります。

 

 

激安のウォーターサーバーでも大丈夫?

インターネットで安いウォーターサーバーを探していると驚くほど安い業者と出会う可能性があります。
安ければ安いほど経済的負担が軽減するのでお金のことを考えると嬉しいと思います。
ただあまりにも安いと安全面や美味しさなど色々なことが気になってしまうはずです。
では、激安のウォーターサーバーを利用しても問題ないのでしょうか?
結論からいうと基本的には問題ありません。
どのウォーターサーバーも安全基準をクリアしているはずなので、飲んだからといって体に害を与えるようなことはないでしょう。
もし、不安に感じるのであれば、名前を知らないようなところではなく、知名度が高く実績がある業者を選ぶようにしてください。
知名度や実績がある業者の中にも格安で提供しているところはたくさんあります。
水質基準が厳しい大手を利用すれば、安全性の心配をする必要はありません。
激安ウォーターサーバーの共通点は水がRO水で、ボトルタイプがリターナブル方式ということです。
RO水とは水道水をろ過した水のことで、天然水よりも製造コストがかからないため、安く販売することができます。
リターナブル方式だと使い切った空のボトルを再利用するため、
使いきりタイプのワンウェイ方式よりもコストを抑えることができます。
天然水と比較するとRO水は美味しさで劣りますし、
リターナブル方式は空ボトルを保管しないといけないのでワンウェイ方式よりも手間がかかるというデメリットがあります。
このデメリットを理解した上で、激安ウォーターサーバーが自分に合っているのかどうか判断してください。
便秘解消する方法はいろいろです。